Now Loading...

訪問リハビリテーション

トップページ > 訪問リハビリテーション

リハビリテーションとは?

 病気や怪我などによって障害を負った人が、自立した生活、もしくは自立した状態に近い生活を送るための訓練、治療を行うものです。

私たちスタッフは、

 障害自体が軽減するよう機能訓練も行いますが、それ以上に本人が生活の場で積極的に身体を使うことが重要と考えています。今までの生活の中で「できなくなってしまったことをもう一度やりたい」「こんなことがしたい」とチャレンジする気持ちに寄り添い、残された能力を最大限に引き出し、また新しく開花させ1人1人の生活スタイルに合ったリハビリの提供を目指していきます。

セラピスト紹介

理学療法士:2名 作業療法士:3名 在籍
理学療法士【PT】

 手足の関節の動きを良くしたり、筋肉を回復させたりする「運動療法」や日常生活に必要な寝返りや起き上がり、座位保持などの動作(基本動作)や歩行・移動動作(車椅子など含む)の助言や指導を行います。
必要に応じて歩行補助具や装具などの選定や相談をお受けいたします。

作業療法士【OT】

 身体や精神、認知機能、高次脳機能に障害を持つ方への機能回復から日常生活動作(食事、更衣、排泄、整容、入浴)また生活関連動作(買い物、家事)の助言や指導を行います。
必要な作業動作を分析し、生活動作の自立や社会参加を支援いたします。

訪問リハビリテーションとは?

「訪問リハビリ」で皆様を支えます。

 心身機能の低下や体力が低下された方が、いきいきとした生活が送れるようにリハビリ技師が直接自宅へ訪問しリハビリテーションを実施します。
日常生活に直結したリハビリだけでなく、ご家族に対する介助方法の提案や住宅改修、福祉用具についてのアドバイス等も行います。

訪問リハビリテーションのメリット

実際の生活の場でADL訓練を行うため、より効果的。
直接ご家族へアドバイスできます。
問題に対し迅速に対応できます。

リハビリテーションを利用するには?

▼クリックでPDFを開きます▼
訪問リハビリをご利用になるには病状が安定しており、リハビリが在宅で必要であると、かかりつけ医より認められた方が対象となります。

どのようなことをするの?

自宅での実践的リハビリの提供

 拘縮(関節の動きが悪くなる)予防のための体操、筋力強化訓練、その他必要に応じた訓練をします。また、ADL動作(日常生活動作 *起き上がり・食事・排泄動作など)実際の生活の場に合わせて具体的な方法のアドバイス・練習を行い、本人のできることを増やしていきます。
また、家族の方に対しても介助方法をアドバイスいたしますので、お気軽にご相談ください。

1対1でのリハビリの提供

 セラピストと1対1でお話をしたり、他の人の視線を交えずに自分のペースでリハビリができます。また、住み慣れた空間でリハビリができ、ご家族も含めた訓練も可能です。

住環境・福祉用具に対してのアドバイス

 生活をより安全におくるために、専門職の目で住空間の危険を察知し、杖や車椅子、ベッドなどの福祉用具の選定や使用するベッドの高さや手すりの取り付け位置など環境の整備に関するアドバイスを行います。

訪問リハビリテーションのお問合せ
詳しい内容についてはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問合わせは

通所介護
通所リハビリテーション
在宅介護支援施設「にじの輪」
ヘルパーステーション「にしの」
にじの輪指定居宅介護支援事業所
ふれあいホーム「きらり」
ホームページからのお問合わせは こちらからどうぞ

このページのトップへ